カテゴリ:未分類( 68 )

ひさしぶりに投稿してみたpart1

それは深い深い夢…空気を掴むように実感がない。
視点はあるが自分の意思で動かすことが出来ないのだ。
おそらく他人の夢なのだろう。
薄暗い小部屋の片隅、漆黒の闇の中にうっすらと影が一つ浮かび上がる。
ソレは元々いたのか、いつ現れたのかわからないが、値踏みするようにこちら、だが自分ではない手前の誰かを見つつ向かって来る。
夢の中の誰かは突然現れたソレに興味を向ける風でもなく、何でもないような調子で静かに言った。
「下がれ、下郎」
その言葉に耳を傾けることなく、だが、その言葉をきっかけにしてソレはこちら目掛けて弾かれたようにとびかかってくる。
ソレはまるで弾丸のようなスピードで瞬く間もなく目の前までやってきて、その速度を保ったまま右腕を弓のように引いた。
充分に力をタメつつこちらに向かってよく研いだ剃刀のように輝く爪を、頸動脈へと突きだす。
まるで悪夢、しかし夢の中の誰かは動じることなく、弾丸のようなスピードで向かってくる相手に対して見えているのかいないのか、
いや、見ているのかいないのか払うような仕草をしただけだ。
キラキラと輝き存在感を発する金髪。その背中からは傲慢と呼んでもいい程の自らに対する自信がみなぎっていた。
そしてその決して大きくない体からにじみ出る威圧はまるで暴風のようだ。
そのせいか、ソレはたったそれだけのことで軌道をずらされ違うところへと向かっていく。弾丸が見える筈がない。
しかしどのような速度であろうと点の軌道ならどこを狙われているのかがわかれば防ぐことは容易なのだろう。
そうは言っても捌けるだけの技量がなければできるはずがないのだが。
弾かれたソレは振り返って攻めることなく警戒するように大きく距離をとった。
そして何事か呟き、口が裂けるほどの笑みを浮かべ、溶けるように闇へと消えていった。
ソレが消えたとたん景色が歪み崩れていく。
上も下も右も左もすべてが混ざり合い世界を塗り潰していく―――。
「…っ!なんなんだ今のは…夢か…あ゛ぁ…すんげぇ眠ぃ…」
季節は初夏。まだ6時にもなっていない朝、溶けてしまいそうな柔らかい日差しを浴びてヨウスケは目を覚ましたが、
7月特有のポカポカとした陽気はヨウスケから起き上がる気力を奪っていく。
しばらく布団にくるまりながらごろごろと転がってみたが、眠気が薄れる訳もなかった。
「さぁて、そろそろ朝の日課の時間だ。」と、気合を入れて体を起こしてはみたが、足はまだフラフラとしていておぼつかない。
それでもなんとか歩いて部屋を出て、目の前にある洗面台へと向かう。
寝ぼけたままの身体に刺激を与えるように頭から水を被るとようやく意識がシャッキリとしてきた。
時刻はちょうど六時「うし。いつも通り。」はっきりとした意識で板ばりの廊下を抜け、道場へと向かう。
静けさに包まれた道場の前に立ち、一礼
「御願いします。」
この一言から始まる稽古。
だが師はいない。いないのに稽古だと思うのはおかしな話だ。
なぜそう思うのだろう。
思い出そうとした。
頭の中に雑音(ノイズ)。
思考に靄がかかる。
いただろう?いたか?いや、いないだろう。いないはずだ。いないに違いない。
どうなのだろう。ぽっかりと記憶に穴が穿いている。
抜け落ちている、といったほうが正しいのだろうか。
思いだそうとする部分が消しゴムで消したかのように無いのだ。
いくら思い出そうとしても思い出せないので考えることはやめた。
師がいない稽古などもはや稽古とすら言えないかも知れないが、それでも朝に道場で鍛錬をしていると心に何かが在る。
心に何かを感じる。それは、なんだかとても暖かったような気がした。
些細で、それこそ取るに足らないような感覚にしか残っていないことを、なんでだか大切にしたい、とヨウスケは思っていた。
毎朝稽古をするのはその為だ。
準備運動を終え、目を閉じ五感を研ぎ澄ます。
体すべてをアンテナにする気分。
周囲の空気の流れさえも感じられる気がする。
持つものは…イメージ。目の前に自分より強い誰かを思い浮かべる。
誰に教わったのか腰を落とし右手を前に出す。自然と構えを取っていた。
そして…「はっ」その静かで緩やかな空気を…乱す。
一瞬にして空気は引き締まる。途端、自分のイメージした影が動く。
目は開ける必要はない。あとはその影を追って、
打つ。
いなす。
かわす。
思いのままに動き、倒す為に最善だと感じることを全て試す。
だが、何故だろう。その全ての動きをいなされ、反撃され、打ち倒される姿しか想像できない。
理由はわからなかったが、不思議とそれでいいのだ、とヨウスケの心は言っている。
自分の出し得る全ての攻撃が終わると稽古終わりの合図だ。
誰が決めたわけでもないだろうがその合図でイメージの影を消す。
吹き出る汗を拭いた後、一礼
「有難う御座いました」
そう言って朝の稽古を終えた。
[PR]
by hiroki46497 | 2008-01-19 22:54

ニコニコ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1208721
暇な人は聞いて!
[PR]
by hiroki46497 | 2007-10-05 21:26

49

49HIT!
まぁ特筆すべきことはあまりありませんがカルマも1段階たまったしこっからが勝負かなー
俺は骨イヤリングに身をささげそうです( ^ω^)
[PR]
by hiroki46497 | 2007-08-04 08:23

48

DEやっと48になりましたポロンですこんばんわ。
一日50%あげるという廃人っぷり発揮です^q^
昨日ポップに狩り誘われてたのに7時間狩りしたあとで疲れて爆睡してたのは内緒。
上昇率は・・・\(^o^)/HP+6MP+3ですた。
昨日だけで100%ジュース4000くらい使ったかも( ^ω^)
ペア相手激しく募集( ^ω^)イベント中に49( ^ω^)・・・
[PR]
by hiroki46497 | 2007-07-10 05:58

part3


愁は慎に息もつかせないような攻撃を続けながらなんとか慎に一撃与えられないかと考えていた。
(生半可な攻撃じゃ逆にやられちゃう・・・チャンスは・・・一度だっ!)
その中で何かを狙っているのに慎も気づき反撃のチャンスを伺う。
(・・・今だっ!)
愁は左手で愁の右手をつかみ引っ張った。
慎は警戒から瞬間的に腕を引くとその動きにあわせて愁が即座に前に出て右手を弓なりに引きながら向かっていく。
その愁に対して慎は冷静に左手でカウンターを狙って腕を振るう。
(俺の方が腕は長い・・・俺の攻撃が先に当たる!)
しかし愁の狙いは顔面ではなかった。
伸びてきた左手に対し自分の手を伸ばしてつかみ、その手を引くことによりさらなる推進力を得て慎へと突進する。
ゴン、と鈍い音と共に慎は倒れた。
しばらくの時が経ち、木々の小鳥達がさえずり始めると慎は目覚めた。
愁がかけよってくる
「大丈夫?お兄ちゃん」
心配そうに見てくる愁に対して慎は悔しそうに
「まさか頭突きとはな・・・あそこでカウンターが入って終わりだと思った俺の驕りが負けた原因かもしれないな」
愁は少し照れているような恥ずかしげな表情で
「でも、、今のは偶然だよ。いつか実力で勝てるまで一緒に鍛錬しようね!」と満面の笑みで慎に向かって言う。
「そうだな。俺もお前もまだまだ強くなれる。二人で世界を救えるくらい強くなるぞ」
二人は楽しそうにいつまでも笑い合っていた。



こんなかんじでどうでしょうか?ひとまず一段落しましたが。感想くれる方
待ってます。
[PR]
by hiroki46497 | 2007-05-23 06:09

パート2!

へったくそですが。まぁ自己満で書いてます




いつも二人が鍛錬しているのは家の真後ろにある裏山である。
木々が生い茂っていてその間から差す光が二人を照らした。
周りをつつみこむようにして聳え立つ巨大な木。幼いころから二人はここで鍛錬をしているのだがこの景色はずっと変わらない。鮮やかな緑が彩る世界は初夏の匂いを感じさせた。
そこで二人はある程度の距離をあけると組み手をはじめた。
最初は軽い拳撃の応酬。二人は準備運動でもするような軽さだ。
そこからいきなり空気が変わる。
空気は張り詰め一気に緊張感が増してきた
「そろそろ行くぞ・・・!」
「まった。」
あきらかに準備ができているのに愁はニヤニヤと答えた
「ちょ、そんなのが実戦で通用するか!」
予想外の返答に慌てた慎はイライラした顔で
「まったく、、、そんなんだからお前は子供なんだっ!」
そういって攻撃に移る。
慎の攻撃は流れるように愁を捉えていく。
ジャブからのワンツー、愁はそれを確実にさばく。
しかしそこから一気に下半身に集中的に攻撃がくる。
「わっとっと」
愁はいきなりの集中攻撃に防戦一方でなかなか攻撃に移れない。
反撃しようと右手でカウンターを合わせようとしたが、
見えたのは慎の後姿。
「しっ・・・!」
慎の後ろ回し蹴りが飛んでくる。角度も威力も申し分ない。
後ろに回避・・・左右も・・・間に合わない!
愁はかがみながら前にでることによってなんとか回し蹴りをかわして足を払いにいく。
しかし払おうとした軸足が宙に浮き愁の方に飛んできた。
くっ・・・だめだっ。あたるっ!
愁はかがんだままの状態で身動きが取れない。二度目の蹴りはかわすことができなかった。
愁はガードの構えのまますごい勢いで2mほど吹き飛ばされた。
その様子を見て少しおどろいた後、
「お前自分から飛んで威力を減らしたな。まったく、そういうところはセンスがいいんだな」
にひひっと愁は笑いながら
「二段回し蹴りかぁ。慎兄ちゃんやっぱりすげぇや!今のはあぶなかったよ!」
今の愁はランニングの時とは違い目が輝いている。
そんな愁の顔をみた慎もうれしそうに
「お前も日に日に強くなっていくな。そろそろぬかれそうだぞ」
「それが目標だからねっ!それじゃ今度は僕からいくよ・・・っ!」


こんなもんで。つまんなかった人はここがつまんない!とか言って欲しいな。続きが読みたいひとはわっふるry
[PR]
by hiroki46497 | 2007-04-21 17:34

かるーく小説

下手くそですが見たい人はどうぞ


「まってよぉ、慎兄ちゃん」
「遅いぞ愁」
朝のランニングは二人の日課であり、二人にとっては一日の始まりの象徴でもあった。
「このままだとまた朝飯抜きになるぞ、ペースあげるぞ」
「今日こそは朝ゴハン・・・ごはん・・・・ごはん・・・!」
愁はペースをあげて慎に追いつこうとする。
「その意気だ。俺は先にいってるぞ。」と言ってあっという間に先にいってしまった。
「そんなぁ・・・」
ゴール地点についたとき父の鉄は厳しい口調で
「慎は10分前には着いたぞ。愁は今日も朝飯は抜きだな」
「それじゃお腹ペコペコで死んじゃうよぉ」と大げさに愁はアピールしたが
「一食抜いたところでたいしたことはないだろう。三十分後には庭に来るんだぞ。」と言って歩いていってしまう。
そして朝食の時間になり、慎は黙々と朝食をとるのを横目で見つつ愁は
「お母さんーお腹減ったよー。何でもいいから頂戴・・・」と母の明子にいつものように朝食をねだる
「お父さんに朝食抜きって言われたんじゃないの?」
と明子もいつものように返すが
「だって三十分後にはまた鍛錬が始まっちゃうんだよ?動けなかったらお母さんのせいだからね!」と理屈の通らない我侭を言って明子を困らせる
「もう・・・しょうがないわねぇ。少しだけよ。」と結局愁に甘くしてしまう明子だった。これが毎日の柊家の日課だ。
「愁を甘やかしすぎちゃだめだよ母さん。愁も毎日お母さんに朝食をだしてもらってるじゃないか。設定時間に入ればなんてことはないだろ」
「そんなに簡単に入れたら苦労しないよぉ・・・」うつむきながら愁は答える
「ほら!もうすぐ鍛錬の時間だぞ!」そういって愁は先を促した
「よし、じゃあ行ってくるね母さん。昼ごはんの準備も忘れないでね!」
「はいはいわかってますよ。いってらっしゃい」
明子は柔らかく微笑むと二人を送り出した。



次は鍛錬シーン。見たい人はワッフルワッフルとコメント書いてください
[PR]
by hiroki46497 | 2007-04-16 18:43

47

かなり時間くってるなー。47lvでこんなに長くなるとは思わなかったわw
まぁレアもでてるし装備ちょっとづつ整えていこうかなー。
3つ目のジェネ鎧ほしいお^q^
[PR]
by hiroki46497 | 2006-12-28 07:21

arara

課金END\(^o^)/
まぁ44lvなって結構強くなりましたよっと。
[PR]
by hiroki46497 | 2006-11-30 21:50

はっはw

もう39lvになりました。ウサギが強いtuyoiwwwwwwwwwwwww
31単騎がうますぎて怖いです。
3日後には40lvかもしれない。楽しいわwwwwww
[PR]
by hiroki46497 | 2006-11-15 07:33